イメージ画像

DORA麻雀のルールについて解説しています

DORA麻雀は日本で行われている麻雀と同じルールですので、麻雀が出来る人は何も問題なくプレイできるでしょう。 特別なのは三人麻雀のときにルールがいくつか追加されている事がありますね。通常のサンマルールに「北抜き」と赤ドラが含まれていてかなりギャンブル性が高いゲームに仕上がっています。チーができないことと、マンズの2~8が無いことは共通です。

勝ち負けのルール

DORA麻雀はギャンブルですからお金を賭けて相手と戦うことになります。通常の麻雀と違うのはこの点でしょう。

まずプレイする「卓」選びから始まります。卓にはレートが書いてあり0ドル~128ドルまで選べます。

※ドラ麻雀内でのお金の単位は「ドル」なんですね。

そしてドラ麻雀では「ウマ」でお金が動くのが殆どです。つまり三人麻雀で32ドル卓でプレイしたとすると、1位は3位から32ドル頂けるという事になりますね。

所持金は事前にDORA麻雀内の共通通貨である「ドル」を購入しておくことが必要です。そのため所持金以上の卓ではプレイすることができないように抑止されています。

それとウマだけでなく点数でもお金が動きます。三人麻雀の場合は35000点スタートですが、これが飛びになると、32ドル卓でプレイしていると32ドル支払います。さらにウマの32ドル支払う事になるので、合計64ドルの支払いになるというわけですね。つまり32ドル卓でプレイしたときのMAXお金の動きは64ドルという事です。

このページの先頭へ